上杉鷹山に学ぶ1

ノンカテゴリ

上杉鷹山に学ぶ1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

率先垂範

名君と言われた鷹山より、上に立つものの心構えについて、学びましょう。

米沢藩は上杉謙信以来の名門の藩であったが、上杉鷹山が17歳で家督を継いだときには破産寸前の状態であった。
理由は、家臣がかつての栄華を忘れられず、藩の収入の倍以上を豪華な衣食住に充てていたためである。

そこで、まず鷹山自身が倹約を徹底した。着るものは粗末な木綿とし、3度の食事も質素なもの、藩主にかかる経費をこれまでの1/7にしたのである。

また、米沢藩内には耕作に適しない荒地が多いことも貧困の原因であったが、鷹山自ら家臣とともに荒地に行き、鍬を持って耕し始めたのである。

藩主自ら鍬をふるっているのである。これを見た農民たちも「藩主自らが見本を見せてくださっている」と奮起して、より一層農地開墾に精を出すようになった。

その甲斐あって、米沢藩は莫大な借金を20年で返済した。と同時に水田風景に満ちた豊かな藩へと生まれ変わったのである。

「為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の 為さぬなりけり」

上杉鷹山の有名な言葉である。

鷹山に学ぶ

下の者を動かそうとするならばまず、上に立つものが率先垂範して見本を見せことが、大事である。
人が動けばできないということは無い。できないというのは、まだ動けていないからだと諭されているようです。
現代も、会社では上司と部下、家庭では親と子と上下関係がありますが、まずは自分が姿にかけて示すことが最良の教育と言えるようです。

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ